A-SAP

A-SAP 光技術、電子技術を活用した産学官金連携イノベーション推進事業

TOPICSトピックス

2020.05.18

フォトンバレーセンターA-SAP事業 公募回数の増加(年4回)と申し込み随時受付について

中小企業の製品開発等における課題解決を光・電子技術の活用により支援する「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」において、それをより効果的に利用していただけるように、フォトンバレーセンターは公募を年4回に増加し、また公募期間外でも依頼申し込み受付を随時実施します。

 

公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構 フォトンバレーセンターは、中小企業の製品開発等における課題解決に向けて、案件に応じたプロジェクトチームを研究者等で結成し、光・電子技術の活用により課題解決を支援する「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」を2018年度より実施しており、現在までに14件のプロジェクトが完了しています。

新製品や既存製品の高度化などにおける開発にはスピードが重要で、開発に伴う技術的課題には迅速に対応できることが望まれています。しかし、公募時期とタイミングが合わない場合は次回の公募まで待つ必要があり、課題解決のためのプロジェクトがスピーディーに開始できないといった問題がありました。そこでこの待ち時間を短縮すべく、A-SAPは公募の機会を年4回設けることとしました。さらに公募期間外でも随時受付を行い、公募に向けて事前の聞き取りや相談受付を行います。またこれまでのプロジェクトは年度末までに完了するように計画する必要がありましたが、今回から年度の区切りを気にせず計画することも可能となりました。

これによりA-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業が利用しやすくなり、最速で中小企業のイノベーション推進に貢献することを期待します。

 

【募集概要】

対 象 者 静岡県内中小企業者(中小企業基本法第2条に定める中小企業者)
募集内容 ・新製品や既存製品の高度化等のアイデア

・事業化にあたり自ら解決が困難な課題(技術支援の相談)

※光・電子技術の活用が見込まれるもの

支援内容 ・アイデアを具現化するための試作品の製作と提供

・光・電子技術を活用した製品・サービスの開発に向けた設計

(アルゴリズム開発等も含む)  等

※ 光・電子技術(大学等のシーズ)を活用するもの

提出書類 「A-SAPエントリーシート」こちらをクリックしてください
募集期間 年4回募集(5月、8月、11月、2月)

年度をまたぐプロジェクト実施も可能

プロジェクト経費・期間 1プロジェクトあたり500万円上限とし、期間は約6ヶ月

申込方法:公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンターのホームページ(https://www.hai.or.jp/pvc/asap/)より「A-SAPエントリーシート」に必要事項を記入の上、申し込んでください。(詳細はホームページを参照してください)

 

お問い合わせ先:(公財)浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンター

TEL:053-471-2111 FAX:053-471-2113 E-mail:photonvc@hai.or.jp

ホーム » トピックス » フォトンバレーセンターA-SAP事業 公募回数の増加(年4回)と申し込み随時受付について