CLOSE

検索

光技術の可能性

光技術の可能性

HOME 光技術の可能性

光・電子技術が拓く未来

光・電子技術は、これからの社会の中でどのような意味を持つのであろうか。

第4次産業革命が、ものづくりのあり方を大きく変えようとしており、
「IoT」、「ビッグデータ」、「AI(人工知能)」及び「ロボット」は、これからの社会を創造する基盤技術になると言われている。

これら基盤技術の革新を実現する上で、光・電子技術は重要な鍵(Key Enabling Technologies※)の一つとなり、
自動走行、スマートハウス、手術ロボットなど、新しい産業や社会、暮らしを創造する。

光・電子技術の発展が、社会や産業、私たちの暮らしの未来を切り拓く。

※Key Enabling Technologies : 欧州連合が、経済成長と雇用を支えるために重要だと考えている6つの技術を指す。KETsという。(参考文献:http://ec.european.eu/)
①micro and nanoelectronics 
②nanotechnology 
③industrial biotechnology 
④advanced materials 
⑤photonics 
⑥advanced manufacturingu technologies

光・電子技術が拓く未来

光・電子技術が拓く未来

光・電子技術が「ものづくり」を変える

光・電子技術は、これまで地域の強みであるものづくりの現場を変えてきた。

センサーと光源を活用した自動選別、不良解析、微量分析により、事業の省力化、低コスト化に貢献してきた。

ものづくり現場における経験に裏打ちされた技能や知識の継承においても、光・電子技術を活用した新しい応用手法が
代替する機会が増えてきている。

レーザーとその周辺技術の進展により人ではできない微細な加工や非接触の加工を瞬時に可能にするなど、
生産現場における課題の解決や高度化にも貢献している。

今後、IoTが進展すると、様々なものとの連動性が高まり、ものづくりの現場においては光センシングや
通信技術の応用などがますます進んでいく。
製造業だけでなく、物流、小売、設計、サービスなど、光・電子技術が生産性向上のためのソリューションを
提案する領域は無限に広がっている。

コラム

建設 × 光・電子技術
昼光を利用した照明のため、高天井LED照明装置に外部照度計のデータをもとに調光信号を送る機能付きのトップライトシステムを試作した。明るさ感の確保は特殊な照明手法となるため、今後、照明を組込んだトップライトの製品化を目指す。

レーザー計測器 レーザー計測器 トップライトシステム

農業 × 光・電子技術
各種センサやカメラ等を圃場に設置し、そこから得られる環境情報や草姿画像からAIを駆使して高精度に萎れ具合を予測する「萎れ検知ソフトセンサ」を用いたストレス栽培向け灌水制御マニュアルのプロトタイプを開発した。今後は、培地量や、品種の違いや季節性や地域性の違いの影響を許容できるか研究開発し、サービス展開を検討する。

グローブ装置による計測 グローブ装置による計測 トマト潅水制御システム

医療 × 光・電子技術
静電分注パターニング装置 (ODS-P シリーズ)に調温・調湿装置を加えることにより、微量の液滴をより正確に滴下し、測定できる試作品を開発した。今後は支援依頼企業にて既存の静電分注パターニング装置に成果品である調温・調湿チャンバーを改良し、装置のオプション品として製品化する。

開発工具の先端 開発工具の先端 微量液滴静電分注パターニング装置

お問い合わせ

053-471-2111
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3丁目5番1号
静岡大学浜松キャンパス内 イノベーション社会連携推進機構204
TEL 053-471-2111 FAX 053-471-2113

PCサイトを見る

浜松地域イノベーション推進機構

浜松地域イノベーション推進機構

copyright © photon vallery center all rights reserved.

pagetop