アソシエイツとは

 トップ >  アソシエイツとは

 アソシエイツとは

進出企業連携の輪 『都田アソシエイツ』ってなに?

《設立&目的》
 昭和59 年、浜松地域テクノポリス開発計画が、国より第1 号として承認されました。
以降、 平成景気からバブル経済破綻まで、産業界の経済環境は激しい変化に見舞われましたが、当地 域におけるテクノポリス計画推進事業は、順調に進展をみてまいりました。
 その中でも、中心的な開発区である都田地区は、当時(平成5 年)進出予定企業68 社のう ち45 社が操業開始し、13 社が建設途上にありました。また、公設試験研究機関である浜松工 業技術支援センター、静岡大学イノベーション共同研究センターも開設され、中核施設設備も 順調に進み、産・学・官・連携体制が整うことによって高度技術産業集積都市づくりが、着々 と進められる状況にありました。
 この時期において、都田開発区進出企業が連携して、地域としての共通の問題に対処し、ま た、相互の経営資源を活用し、地域内は勿論のこと県内外の企業との交流の機会を持つことは、 進出の効果を相乗的に発揮することとなり、個々の企業の発展を通して地域振興にも寄与する ことを目的として、平成5 年7 月28 日進出企業の理解と協力のもとに、設立総会を開催し、『都 田アソシエイツ(仲間)』が誕生しました。
 現在では、この浜松地域産業の中心的な環境になっております。更には、そのほとんどが研究開発型企業とあって、日夜、研究開発が積極的に行われ、創造性豊かな新技術、新製品が生 れようとしている中で今後益々、当会の役割の重要性が増してくるものと考えます。

浜松地域イノベーション推進機構 都田アソシエイツ 大学 協力機関 幹事会 事務局

《活 動》
1. 会員企業視察会
 会員相互の理解を深め、情報、技術、経営ノウハウなどの交換により相互の経営資源の強化活用を図る目的に随時開催。
2. 産・学・官交流事業と共同研究開発
 当会の推進母体である(公財)浜松地域イノベーション推進機構の協力を得て、静岡大学、静岡理工科大学などの地域大学と、浜松工業技術支援センターを中心とした公設試験研究機関との交流会に参画し、共同研究を積極的に推進しています。  また、異業種交流も盛んに行われ、融合化による交流、開発も活発な取り組みを進めています。
3. 各種講演会等の開催
 環境問題や経済のグローバル化などといった企業を取り巻く社会的環境について各界の先進者を招き、勉強会・セミナー等を開催。
4. その他
 需要販路開拓を目指す広域商談会や異業種・同業種交流会、更には、国際産業交流会事業など各種イベント等にも積極的に参加しております。
会員企業視察会 会員企業視察会
▲会員企業視察会▲会員企業視察会
会員企業視察会 講演会
▲会員企業視察会 ▲講演会